2ndアルバムへのコメントが続々と届いています【随時更新】

2019-06-21(金)

2ndアルバムへのコメントが続々と届いています【随時更新】

2019年6月12日に満を持して発売された2ndフルアルバム「透明になったあなたへ」に寄せられたミュージシャン/関係者のみなさまからのコメントをここでまとめて報告させていただきます。

(内容は随時更新されていく予定です。)


◆三浦太郎(フレンズ)

M1のintroから童心をくすぐられ、あれよあれよと彼らのMV曲を網羅し、M6のBLACK KIDSカバーではまさかのNIRVANA始まり。くっそー、まだまだあるなこのパワポ業界。隙間をぬっても尚、王道で正統派でグッドメロディ。ナードマグネットのほぼベストアルバム的、ニューアルバム。欲を言うならって、言いたいけど言えない。最重要なんて言葉より、上があるなら使いたい。
このアルバムは日本のパワーポップを語る上でどうしても避けられない名盤となりましたとさ。めでたし×2

◆SEKIGUCHI LOUIE(フレンズ)

劣等感と疎外感だらけの青春時代よ
ヒーローは遅れてくるものだって
さぁ、早く再生ボタンを押して
この世界から透明になろう

◆小池貞利(teto)

年波っていう波はどうも泥を含んでいるらしい。
波が押し寄せれば押し寄せるほど、時間が経てば経つほど僕らはどうしても濁ってしまう。
ナードマグネット、一緒に泥をはたき落としてくれてどうもありがとう。
透明。良い言葉ですよね。

◆cinema staff Vo&G  飯田瑞規

2年前の夏の野外フェス。
その日自分達の出番を終えて、ステージ袖でライブを初めて見させて貰った
たった一度のライブで、いやたった一曲でファンになった。ナードマグネットは音楽好きの味方だ。
その少し前から僕らは同じ事務所に所属していたのだけど、その社長が最前列で号泣しながら、拳を突き上げていた姿が今も忘れられない。
身近な人を奮い立たせられるバンド。
そしてこの先、大きなステージに立ち若者たちから大人まで、世代問わず、全ての音楽好きをシンガロングさせている光景が目に浮かぶなと、「透明になろう」のMVを見ながら思った。
僕の第六感でそう感じた。

◆金城昌秀(from愛はズボーン)

弱い人の心の叫びを代弁してくれるまさに"ナード(弱虫オタク)"な歌声とは裏腹にムキムキパワーサウンド。ナードマグネットの新譜が聴けるんだ!待ってました! と思いきや、MVにもなってるM5の「透明になろう」が流れる。 そうか、須田さんの中にあるメロディーってこんな風にバンドが表現すればまた違う"ナード"感が出てくるのか! 「弱虫オタク」な人って実は誰よりも強くてタフで優しいんだ。 そんな彼らの新たな磁力に引き寄せられる人がまた増えるはず!

◆カマチュー(DENIMS)

懐かしさを感じさせるだけじゃない、進化した今のナードマグネットがカッコいい。 日本語詞をより気持ち良く聴かせる歌い回しやコーラスワーク、くよくよしながらも中指を立てている須田さんの歌に背中を押される。 泣きながら踊ろう!

◆おかゆ(DENIMS)

キュンキュンが止まらないよぉ。僕らの青春にはweezerがいたけど、みんなの青春にはナードマグネットがいる。いいなぁ。

◆西田一紀(夜の本気ダンス)

ナードマグネットのライブは、その熱量に圧倒されてしまったり、かと思えばついついほくそ笑んでしまったり、手に汗握るような緊張の瞬間があったりと、毎度ドラマチックで、それでいて腕白であります。
そしてなにより童話の様な暖かさが、いつも会場の中に立ち込めているように思うのです。

この作品を聴いた時、それらのエッセンスが全て織り込まれていると感じました。
スピーカー越しまで彼らが迫ってきていると錯覚してしまう程の狂熱がそこにはあり、親身になって寄り添ってくれるような優しさを覚えたのです。
文字通り、音源の中に楽曲が封じ込められているのです。

さらに僕が驚いた事は、作品を追うごとに楽曲やサウンドが洗練されいる事に反して、その音楽はかえって無垢になっているのです。
もう十二分に大人だというのに、ロックを愛する少年が我武者羅にギターをかき鳴らしているような、胸に溜め込んだ思いを吐き出しているような、そして一瞬でかけた閃光の様な煌めきがそこにはあるのです。

そういう意味で、この「透明になったあなたへ」というアルバムは、とても美しいロックアルバムだと僕は思います。
ロックミュージックのあるべき姿を、この作品は映し出しているのです。

◆こうどたくや(Bacon)

Intro
You Are My Sunshineの懐かしいメロディ

アップサイドダウン
1曲目がメロウで優しい雰囲気に対して2曲目が重厚なリフで始まるアルバムに間違いはない

FREAKS & GEEKS
あまり友人もなく暗かった学生時代に陰湿な悪戯を毎日のように考えてたことを思い出した そんな奴に届いて欲しい1曲だ

バッド・レピュティション
この曲を聴いてポップパンクにハマる人続出して欲しい

透明になろう
おっさんになると居るはずもない誰かや自分を意識して理想に近づこうとする気持ちが大きくなってくる。 そんな気持ちをとてもキャッチーなメロディで歌うこの曲、めっちゃすきな1曲

I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You
イントロで「おい!!」というツッコミを誰しもが入れたくなるカバー曲 Black Kidsの原曲もマジ最高なんで普段邦楽しか聴かない人達にも原曲聴いて欲しいし、洋楽へのいい橋渡しができるといいね

虹の秘密
正直言おう 僕はこのアルバムの中で一番好きな曲だ 歌詞がすっと頭の中に入ってきて映画をみてるような感覚。 まじで超名曲!! カバーしたい!! でもキー高い(笑)

テキサス・シンデレラ
ハイウェイでこの曲聴きながら走ってたら気づけば後ろから覆面パトカーが追尾してそうな1曲

家出少女と屋上
この曲もめっちゃええなあ サビのメロディがドツボでギターソロ後の泣きメロで号泣した

Song For Zac & Kate
ウエリントンズの「Song for Kim」も最高すぎるので是非聴いて欲しい 愛ある日本語カバー

COMET
Weezerに例えるならThe Good Lifeを引き立てているAcross The SeaやったりBuddy Holly を引き立てているThe World Has Turned And Left Me Hereのような次の曲を引き立てる隠れた名曲感のある曲

THE GREAT ESCAPE
ナードマグネットの魅力がいっぱい詰まってる サビが終わった後、演奏が加速するアレンジが好き MVが素晴らしいので是非

HANNAH/You Are My Sunshine
アルバムの最後はやっぱこうでなくちゃあな 最後のYou Are My Sunshineを泣きながら叫びたい

◆モリノ(Transit My Youth)

パワーポップ大阪代表ナードマグネット先輩。
パワーポップを愛しパワーポップに愛されたバンド、ナードマグネット先輩。
でもほんまはパワーポップなんて言葉は必要ないバンド、ナードマグネット先輩。
何故ならグッドミュージック代表ナードマグネットだから。
ソングライターとして心底羨ましいアルバムを作られて嫉妬しています。
俺は『虹の秘密』が特に好きです。
アルバム発売おめでとうございます。

◆中山卓哉(愛しておくれ)

いつだって最高を更新してくれるバンドって中々いない。
ましてや偏屈な自分が手放しでずっと好きでいられるバンドってほとんどいない。
ナードマグネットはそんなめんどくさい僕の数少ない大好きなバンド。

今度新譜出すんだよって聞いた直後に新曲の「バッド・レピュテイション」をライブで聴いて、めちゃくちゃテンション上がった。
FRAEKS&GEEKSからのこの曲。
須田さんどんだけ尖がってんだ、超好き。
透明になったあなたへって、こんな生きづらい世界の端っこで歯を食いしばって生きてる人に向けてるのかなって思いました。
悲しい事件や、SNSでの争い事、それを楽しんで弄んでる外野。人と違うことで他人から向けられる白い目。そんなことにうんざりしてしまった人たちに届くといいな。
同じように感じれなくたって大丈夫だよって言ってくれてる気がします。

ナードマグネット、いつもありがとう。
あなたたちは僕の太陽です。いつまでも輝いていてください。