INFORMATION

「渡り廊下で先輩殴るツーマン シーズン1」総括

先月シーズン1が終了した「渡り廊下で先輩殴る」シリーズの総括がVo須田から届きました。ご一読下さい!


「渡り廊下で先輩殴るツーマン シーズン1」

昨年12月よりスタートしたナードマグネットによる「渡り廊下で先輩殴るツーマン」シリーズが、3月26日の奈良ネバーランド公演をもって「シーズン1完結」となりました。
「20代とはさよならしたけれど、心はいつまでもキッズのままでいたい!」という気持ちからスタートしたこの企画、ふたを開けてみればそうそうたる先輩バンドの皆さまが出演してくださり、「おいおいナードマグネット大丈夫か?逆にボコボコにされるだけなんじゃないか?」と心配の声も多数あがっておりました。実際どうだったのでしょうか!というわけで振り返ってみましょう

①LOST IN TIME先輩編

東京編 2016.12.11(日) @ 東京・渋谷Milkyway / 大阪編 2016.12.18(日) @ 大阪・天王寺Fireloop

このシリーズで唯一、大阪と東京の2公演に出演してくださったロスト先輩。大阪編のMCで言いましたが僕は『時計』というアルバムがリリースされた当時のインストアイベントを京都まで見に行っており、そこで海北さんに「ぼぼぼ僕もバンドやろうと思ってて…」と伝えたところ「そうなの!じゃあ、いつかどこかで!」と言ってくださったんですね。11年かかってようやく叶ったわけです!シリーズの始まりにふさわしいドラマじゃないですか!しかも海北さん、事前に「何か聴きたい曲あったらやりますよ!」とリクエストまで聞いてくれて、僕が「選びきれないですけど群青の中の曲ならどれでも嬉しいです」って返したらなんと『群青』の3曲を曲順通りに全部やってくれるという…。さらに「三十路になったばかりの須田くんに捧げます」と『30』で締めてくれるという…(泣)。

②シュノーケル先輩編

2017.1.14(土) @ 東京・下北沢LIVEHOLIC

そんなこんなでLOST IN TIME先輩編が個人的にとても感慨深いものとなったわけですが、しかしそれこそ『列車』の歌詞のごとく「あの頃はよかったなんて言いたくはなかったのにな」という気持ちももちろんあるのですよ。ロスト先輩も昔の曲だけじゃなく、ちゃんと最新のモードもばんばん見せてくれていたわけですし。そういう思いがよりいっそう強くなったのが、年明け一発目のシュノーケル先輩編でした。4年間の活動休止期間を経て復活、翌年に1枚アルバムをリリースして更に3月にも新譜のリリースが控えているという状態(発売おめでとうございます!)でのライブで、セットリストも新譜からの曲が多く、決して「あの頃はよかった」という後ろ向きなものではなかったのです。バリバリ現役。この先輩ツーマンシリーズをやる意味があらためて見えてきたのでした。

③GOING UNDER GROUND先輩編

2017.02.11(土) @ 東京・渋谷Tsutaya O-nest

昨年、僕らのアルバム『CRAZY, STUPID, LOVE』リリースにあたり、おなじみHoliday! Recordsの植野ヒデアキング氏より「Holiday!限定特典としてカバー音源をつけたい!曲はGOING UNDER GROUNDのグラフティーで!もうジャケットもできてる!」というめちゃくちゃ強引なオーダーを受け、急遽レコーディングしたのですが、そのときはまさか本家と対バンできるだなんて思ってもなかったですね。もちろんそんな事前の流れがあるので、当日はそのカバーを披露せざるを得ない!ならばもういっそ1曲目にやってしまえ!と、思い切ったセットリストで臨みました。だいぶ肩に力入ってめちゃくちゃな演奏だった気がしますが(笑)、お客さんもみんな楽しんでくれてたのでよかったです。高校時代にクラスの子達とカラオケに行って『トワイライト』を熱唱するも女子全員にポカーンとされて凹む、という苦い思い出が昇華された夜でしたね。

④ASPARAGUS先輩編

2017.02.19(日) @ 京都西院LIVE HOUSE GATTACA

実は一番ビビってたのがこの日でした!なんとなく忍さんってコワい人だと思ってたので…。だから当日もリハ前からガチガチに緊張してしまってたんですが、そんな雰囲気を察してか、忍さんからめっちゃ話しかけてくださって、「名前なんていうの?須田くん!じゃあスディーだね!」って(笑)。やさしい!そして打ち上げでも先輩方が率先して飲みまくる!お酒をついだグラスから発せられる強烈な磁力によって勢いよく飲んでまう「マグネット飲み(=マグ飲み)」というおそろしい飲み方を開発してガンガン飲みまくる先輩!どう考えても40代の飲み方じゃない!すごすぎる!朝からの緊張がとけた僕はマグ飲みを繰り返し、遊びにきてたTHE FULL TEENZのいとう君も巻き込みつつみんなで泥酔したのでした。ライブも最高すぎたので、5月のワンマンも行きたいな〜。肝臓きたえとかないと。

⑤モノブライト先輩編

2017.03.19(日) @ 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL

僕らの『アフタースクール』という曲は、実は内田けんじ監督の同名映画からタイトルを拝借しているのですが、その映画の主題歌を担当していたのがモノブライト先輩だったんですね。こういう「人生の伏線回収」みたいなのが沢山あります先輩ツーマンシリーズ。という話を当日のMCでもしたんですが、「それ知ってたら『あの透明感〜』やったのに〜!」と桃野さんが残念がっていました(笑)。すみません!そんな桃野さんは実はパワーポップめちゃくちゃ好きだったり、それ以外でも音楽の趣味が僕とめちゃくちゃ近くて、「今年のフジロック行きましょう!苗場で会いましょう!」と言って帰ったのでした(しかしそのあと桃野さんと我々は早くも再会を果たすのですが、詳細は後日…)。

⑥モーモールルギャバン

2017.03.26(日) @ 奈良NEVER LAND

シーズン1のラスボスはモーモー先輩!見た目的にもラスボス感すごい!ゲイリーさんはステージで「このシリーズの締めくくりが僕らみたいなバンドでいいんですかー!」と言ってましたが、大阪の扇町para-diceというライブハウスで育ってきた2バンドの邂逅は、僕らにとってとても大きな意味があったのですよ。天神橋筋商店街の中にあるキャパ70人の小さなライブハウスと、インテックス大阪みたいなとこで開催されるでっかいフェス、別世界のように見えてもその道はちゃんと繋がっているのだということを見せてくれたのがモーモールルギャバンだったのです。どっちのステージでも同じようにパンツをぶん投げてパンティーコールをしていたゲイリーさんの姿を僕は見てきたのです。そんなまさに「先輩」と呼ぶべきバンドとのツーマンで締めくくれたのは本当に感慨深いものがありました。

というわけで、毎回いろんなドラマがありつつ駆け抜けた全6回でした。元ネタのハイロウズの歌詞にも「6対1じゃ袋叩きだ」とあるので、ひとまずこれでシーズン1完結です。
ということはシーズン2もやるのか!?って感じですが、さあどうなることやら!
とりあえずはスピンオフ企画として4月30日、扇町para-diceにて「渡り廊下で後輩に殴られるツーマン」と題しSlimcatとの対決がございますので、そちらをお楽しみにしていただけたらと思います。
音楽たのしいです。ずっと続けたいですね。ではまた。

須田亮太


ツーマンシリーズスピンオフイベントも決定しました!

「渡り廊下で後輩に殴られるツーマン」ナードマグネット × Slimcat

para-dice ANNIVERSARY 8th WONDER FINAL !!

日時:2017.04.30(日)

時間:開場 18:30 / 開演 19:00

場所:扇町para-dice

料金:前売り 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別)

出演:Slimcat

詳細ページ